HOME > データ作成・入稿ガイド > Adobe Photoshopデータ作成時の注意点

データ作成・入稿ガイド

  • Photoshopにおけるレイヤーについて
  • 複数のレイヤーがあると間違って「不可視レイヤー」になっているとトラブルの原因となります。 データを入稿される際はレイヤーを結合してください。

  • Photoshopにおける画像解像度について
  • 当社のプリンタでは、原寸サイズで150dpiあれば問題ありません。それ以上の解像度でも出力時の再現は変わりません。 80dpi以下になりますと、画像がぼやけたように感じになる恐れがあります。

  • Photoshopにおける文字などの配置について
  • 仕上がりサイズのぎりぎりまで文字などを配置されると、カットの際に切れてしまう場合がございます。 またフレーム加工をご希望の場合は、フレームが天地左右7mmずつ被りますので、それを考慮して配置をお願いします。

  • Photoshopにおけるカラーモードについて
  • 画像に関しては、RGBでもCMYKでも構いませんが、出力時に自動的にCMYKに変換されますので、蛍光色などはイメージと大きく変わる恐れがあります。 心配な方はCMYKモードで確認してから入稿ください。

  • ドキュメントサイズ設定について
  • 出力時に塗り足しとなるよう、仕上がりサイズよりも「幅(W)」・「高さ(H)」とも6mm大きく設定してください。 仕上がりサイズのまま入稿された場合は、絵柄の1mm程度内側でカットさせて頂きますので、仕上がりサイズが多少変わります。